高浜工業株式会社
English KAJISEKI
会社概要 製品情報 研究開発 採用情報 お問合わせ
UR50型 ローラー成形機
UR50 type Roller Machine

開発コンセプト -Development concept-

  食器・植木鉢など陶磁器製品の多種少量生産傾向に合わせKAJISEKIの技術の粋を集めて開発したローラーマシンです。1台で内コテ・外コテの兼用生産ができ、さらに精度の高い円弧スライド成形方式を採り入れています。
 またコテ調整、コテ合わせも簡単にでき、高品質の製品を高い歩留りで成形する業界のニーズに応えた成形機です。

主な特徴 -Key characteristics-

  1. コテ合わせ(コテの調整)が1つの動作(前後・左右・上下・角度)に対し1本のボルトで簡単にできます
  2. カムの合成機構によって成形するために抵抗が少なく坏土の展延性がよくなるため、含水量19~22%までの広範囲坏土条件に適します。
  3. 一般の外コテ成形と同じ位置で削りハマ成形ができ、ロクロ軸や軸受に与える負荷が極端に少なくなりました。また、成形中に型からの剥離現象を起こすこともなくゆがみのない製品を成形で   きます。
  4. ロクロ軸、ヘッド軸、カム軸とそれぞれ変速機が取り付けてあり、個々に変速が可能です。
  5. 片側のみ使用する場合、使用しない側のヘッド軸、ロクロ軸を停止、またはヒーターを切っても使用できるため安全に作業ができます。
UR50型 ローラー成形機

仕様 -Specification-
械名称 ローラー成形機 ヒーター容量 2.5kw(2台)又は0.5kw(2台)*併用する場合有り
型 式 UR-50 能 力 3.5~14個/分

・内コテ
 切立製品:口径の2倍の深さまで(最大145m/m)
 袋物製品:コテスライド最大12m/m
      (成形品では10m/m~18m/m)

・外コテ
 皿・一般製品:最大12インチ
 茶漬・土鍋蓋:削りハマ角度25°まで
機械寸法 全長 1,260mm
全幅 1,190mm
全高 1,530mm
所要電力 4P-1.5kw・6P-0.2kw(2台)
4P-0.4kw コンベア用0.04kw
ポンプ用4P-0.4kw
ページの先頭